電話対応による営業研修とは

電話の応対でその企業の売上って変わるものなのでしょうか?売れる会社の電話対応とはどういう方法なのでしょう。
電話による顧客の獲得をしたり、顧客を維持し続けることに結び付けたり、
また現在顧客である人からの紹介などから顧客拡大に繋がったりします。

顔が見えない分誠意ある対応ができるかどうかがポイントの一つです。
あと先回りをしてお客さまのことを考えられる営業マンであること、単なる取り次ぎ電話と違い気配りや、心配り、
明るい声で良い印象を与えられるか、心のこもった心づかいが出来るか、などです。

まず電話営業研修では電話をかける人、電話を受ける人になり実際に会話をしてみます。
ここで大切なことは電話の受け方や、かけ方、取り次ぎ方が相手にどういう印象をあたえるのかを学びましょう。
決して冷たい声の印象や無愛想な受け答えや、やたらに馴れ馴れしい対応はタブーです。

電話営業研修で顧客確保の成功に向けてのポイントは堂々と電話をすることです。
自信のなさが感じられると相手に不信感をあおります。言い訳作りも大切なポイントです。

電話 営業

保険関係の営業研修

国内の市場は伸び悩む中、金融自由化の影響を受けネット保険や損保などの参入もある中で保険業界の競争は激しさを増すばかりです。このような状況の中、特にコールセンターを含めた各部署での顧客接点の強化を図ることは重要なポイントとなってきます。

保険業界での職員育成は、やはり営業研修に重点を置かれています。一般的には社内研修を行っているようですが、仕事の進め方やスキル向上に向けた研修を外部研修を利用して行うケースも多いようです。
また、顧客の接点強化の点からコールセンター部門などでCS向上とスキルアップが重要視されているところです。

管理職層ではさらなる拡大に向けて代理店を中心に部下の育成力を中心にマネジメントスキルの向上が求められています。

営業研修を受ける事で、今までしてきた業務においての取り組み方や考え方について見直す機会が持てたり、今抱えている問題の解決へと導いてくれるきっかけとなったり様々な形で自分に返ってくると思います。
面倒くさがらず積極的に営業研修を受けてみましょう。

営業研修で手に入れたものは

新人の営業研修では、現場力である3つの基礎をつくるためのカリキュラムが組まれていました。
社会人としての基礎と、入社した企業の基礎・製品の基礎知識と、営業としての基礎知識でした。

この会社の現場力という大切な言葉の土台作りが今回の営業研修の目的でした。
特に、この企業に関する製品に関わる研修は大変有意義なものでした。内容は、製品の知識や業界の動向の講義や、
工場・コールセンター・物流現場の見学などさまざまな内容でした。

一見営業と関係ないように思いましたが、自分の企業を知っていなくて、
営業はあり得ないことを後に実感することができました。
それぞれの部門で様々な人たちの苦労や努力から一つの会社・製品が生まれているのだと改めて感動させられました。

特に昨今は物流と販売経路の形態が多様化し、その変化も短期間に起きます。
営業もそれに伴って日々変化する必要性があるのです。

今の営業活動を続けながら、その変化に対応して先回りしていくことこそが、
私を含めこれからの営業担当の重要なミッションの一つと感じている今日この頃です。
物流

営業研修で支持されていることは?

今もっとも人気のある営業研修のやりかたとはなんでしょう。
世の中には営業パーソンになるために生まれてきたと思えるようなスーパー営業担当が時々います。
その人はとても話し上手で、笑いでお客さまの心をつかみます。

けれど、どんなに見よう見まねをしても、この営業担当のようにうまくはできないことでしょう。
そこで誰でも実践できて、明日からすぐに行動できるやり方を教えてくれる営業研修があるようです。
営業といっても業種や取り扱う商品やサービスなどさまざまです。

営業研修にもさまざまです。「法人に向けた営業」「個人に向けた営業」「新規営業」「ルート営業」「代理店営業」
「対面営業」「電話営業」「飛び込み営業」などいろんな営業活動がありますよね。
その内容によってスタイルもさまざまです。

そんなさまざまな業界の営業研修に対応してその会社に合わせた営業研修プランを
作成してくれる会社もあるようです。

その会社には様々な業界で営業経験を積んだ講師が多数在籍しているようで、
職種に合わせた最適で的確なアドバイスをしていただけるのではないでしょうか。

営業マンに大切なものって何か

営業成績の良い営業パーソンはいったいどのような人が多いのでしょう?
ずば抜けたプレゼンテーション力を持ち合わせた人でしょうか?
お客さまを惹きつける最高のトーク術を身に付けている人でしょうか?

実はそんなイメージをなんとなく持っておられる方が多いのではないでしょうか?
けれどそうした特殊な能力が無くても、成果をあげることは十分可能なのです。
営業研修ではさまざまなことが学べます。

受注数というものは、認知してくれるお客さま(見込みのあるお客さま)の中から一定の割合で出てくるものなのです。
ですから見込み数を増やせば、受注も増やせるという訳です。

お客さまと会う機会が増えれば増えるほど、
お客さまが買いたいと思うタイミングに出合える可能性も増えるということです。

お客さまの心理に少しでも近づく為には営業研修などを通して自分がお客さまになってみることが一番手っ取り早いのではないでしょうか。お客さまにとって全くニーズのない商品をいくら勧めても嫌がられるだけで振り向いてはくれません。お客さまの興味があるかないかを見極める事が大切です。

交渉術

近年の営業マンの実情とは?

初めての営業の仕事に就いたという人で営業とは何かということを体系的に学んだ人というのは、実際にはあまりいないのではないでしょうか。

ほとんどの人の場合が上司や先輩社員と一緒に行動して、やり方を見よう見まねで覚えて、自分流にアレンジしながら営業パーソンとしてやっていってると思うのです。

アレンジは自己流で良いと思いますが基本的な土台をしっかり身に付けた上での、自己流アレンジでないと失敗につながります。

そのためにも営業研修をうけて営業のノウハウを高めていくべきだと思います。
営業の第一歩は、お客様に自分の会社のこと、商品のこと、自分のことを認知してもらわなければいけません。

成果の上がらない営業担当者に共通する点としてはこの認知のための行動が絶対的に不足していることです。
お客様が欲しいと思うタイミングはいつ来るのか分かりません。

だからそのタイミングが来るまで粘り強くアプローチを続けることが、営業担当者としての第一歩となります。
営業研修を通して、様々な事例を学ばれることをお勧めします。